スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィン

今日、朝学校に行くと誰かが吸血鬼に食われて死んでいました。

何事も無かったかのようにスルーし、1時間目の体育に行くと先生がホッケーのスティックになっていました。

またも何事も無かったかのようにスルーすると、かぼちゃのステッキを持った魔女に襲われました。

英語の時間には、隣に座ってる人が猫になっていました。

次の授業の移動中にはセーラームーンに遭遇しました。

技術の時間、先生は頭にチェーンソーが刺さっていました。(授業的にやばくないか?w)

・・・・・・・・・・・な、なんじゃこりゃ!w

とまあ、今週の日曜日はハロウィンです。
最終週の今日は、学校中ハロウィン一色でした。
それにしても先生がノリノリすぎるw
そんなに頑張んなくてもいいのに。
特にこの寒さのなか吸血鬼の人形、血糊とともに外に倒れていた人(たぶん先生w)。頑張りすぎですw
カメラもって行くんだった・・・

ハロウィンは大きな行事だとは聞かされていましたが、ここまでお祭り騒ぎになるとは思っていませんでした。
先生方だけではなく、結構な数の生徒も何かしらのコスプ・・・いやいや仮装をしていましたw(同じ意味ですね)

人事ではなく、実際に自分も日曜日にお菓子を強奪しにいくわけですが、この年でわけ分からない仮装してお菓子よこせって言うのは冗談じゃなく犯罪の匂いが・・・w




スポンサーサイト

家庭科って英語でなんていうんだろう?

しばらく書くことも無かったので、ブログの更新を怠っていました。

今、Physical living activityという授業をとっています。
簡単に言えば、保健と体育を掛け合わせたような授業で、週3回は体育。で後の2回は家庭科的なことを行う。見たいな感じでやっています。
体育とは言ったもののこれは技術の向上ではなく、あくまでスポーツに興味を持ってもらいましょう。といった感じで授業自体はレクリエーションみたいなものです。

今、保健分野(正しい言い方なのかは分かりませんが)のほうで、食と健康についてのようなことを勉強しています。
まあ、その授業自体は別に普通なのですが(まあ日本でやるのと変わりは無いです)、何と来週の火曜日に料理をすれ。ということにw

あまりに急なことで、思考停止状態に。
普通に考えて体育で料理をやるなんて思わないでしょうw
しかも条件がなかなか厳しい。
学校から支給されるものは、キャンプでよく使う小さいガスコンロのようなものだけ。
後は自分たちでそろえてね。とのこと。しかも屋外での調理です。
制限時間は1時間。なにを作るのも自由。ただし健康的なもの。

4人でチームを組んでやります。
自分のチームには、中国人が1人、台湾人が1人、カナダ人1人、そして自分。
男3人、女一人。そしてその男共はまったく役に立たないことは、周知の事実w

春雨スープを作ることになりました。
台湾人の女子が調理担当で、後の男子は買出し等の雑用ですw(それしかできないので)

少しサバイバルな調理実習といった所でしょうか。
流石に春雨スープ作るグループはほかには無いだろうw

雨が振らなければいいのですが。

タイトルを考えるのは意外と面倒くさい。

週末は何かと忙しく、結局更新はしませんでした。

金曜日には、予定通りハリファックスに留学してきている生徒とともに小旅行へ。
内容は、りんご狩りに行ってその近くにあるところを観光して回る。というもの。

天気は雨、風、しかも寒い。という最悪な状態でした。
そしてさあ帰るぞ。といった所で晴れだすというw
せっかくだから写真でも撮ろうかと思っていましたが、とてもカメラなんて取り出せる天気ではなかったので撮ったのはたったの2枚w
せっかくのりんご狩りも天候のせいで台無しになりました。
りんごはうまかったんだけどw

で、その後は化石の取れる海へ。

そのころにはだいぶ雨も収まってはいたのですが、やっぱり足場は最悪で。
結局転んでスニーカーをひとつ駄目にすることに。(破れました。)

確かにそこにはたくさんの木の化石。(これは何化石だったっけ?)
頑張れば三葉虫の化石とかも見つかるとのことでしたが、あの天候のなか底まで頑張る気にもなれず。

と、まあこんな感じでした。

前回のキャンプのときは日本人にまったく会わなかった私ですが、今回はちゃんと日本人に遭遇しました。
15人ぐらいいたのかな?結構いて驚きです。
それにしても見事に女子ばっかりでしたね~
なんでだろ?

DSC00376.jpg

かかしのかぼちゃバージョンでしょうか?w ハロウィンも近いですしね。

DSC00382.jpg

なんとなく日本的な風景。まあ、ハリファックス地域に生えている木と北海道の木に変わりはありませんがw

ハロウィンね~。やっぱり高校生は皆お菓子もらいに行くみたいですね。
高校生にも見えない私がこんなことやっていいんですかね?w
かなり変質者扱いされることでしょう。
いい加減にバスに乗るたびに、IDを出すのも面倒くさいです。(15歳だと証明するため)
俺はまだ15歳だー!!w

玄関先で銃で撃たれるのは御免です。(数年前にあった事件ですね。アメリカの話ですが。)

1週間

最近1週間がやたらと早く感じられます。
毎日毎日、1日4時間変わらない授業を受けていればそうもなるのかもしれませんがw

もう10月も中旬ですね。
何時の間にやら気温もぐっと下がり、昨日の朝は温度計がマイナスをさしていました。
今日の朝も、外気が下がりすぎてて家の後ろの湖から湯気が出ていました。

明日から3連休です。
こんな文をもう何度も書いているような気がしますが、実際にやたらに祝日が多いです。
なんとなくもう3回は3連休があったような気がします。
まあ、明日は職員会議だかなんだからしいので祝日ではないのですが。

明日は、留学生のプログラムのイベントで、小旅行に行ってきます。
名前は覚えてませんが、なにやらりんご狩りができるとか?
あとかぼちゃ狩り。
このかぼちゃは食べるためのものではなく、ジャック・オ・ランタンを作るためのものですが。(ハロウィンのときに飾る、かぼちゃで作られたアレです。)

今年は、10年ぶりぐらいにハロウィンに参加することになりそうです。
もうお菓子をもらいに行くような年でもないような気がするんですがねw

土日は忙しそうなので(とはいっても、友達のうちに遊びに行くだけですがw)ブログの更新はできないかもしれませんね。

テスト

前回の記事でカナダ100回目の記事でした。
いやいや、良くこんなに続いているものだとわれながらに関心です。(逆に言えば書くことがこんなにもある生活に驚きですw)

今日は、英語のテストが戻ってきました。
シェークスピアのひと段落を本から引っ張り出してきて、その段落は何時のものか(本のなかでの時間の事です)、何処で喋られたものなのか、どんなことを言っているのか、何故重要なのか、などを答えていくものでした。

日本語ではなく、ましてや英語でもない(英語ですが古文なのでw)様なものだったので本当に難しかったです。
事前に全部翻訳しておいたから良かったものの、やっていなかったら0点は確実でしたw
なにせその段落を読んでもまったく意味は分からないのでw

で、今日テスト返すよ。と先生に言われたとき、正直数学で41点(100点中)を取ったとき並みの衝撃を受けることを覚悟していたのですが、結果はそこまで悪くなくいやむしろ良かったぐらいでした。

86点。 及第点でしょう。たぶんw

ありがとう電子辞書、ありがとう先生。

おそらく相当甘く点数をつけてもらったと思います。
そうでなければ86点なんて取れないでしょう。
とりあえず、一番心配だった英語のテストの結果がそこまで悪くなかったことに一安心です。
これで10点とかだったらどうしようかと思っていたのでw

今月中なのか、来月になるのかは分かりませんがプログレスリポートたるものをもらいます。
これはその名の通り、中間成績簿みたいなものですね。
現在の段階であなたはこのレベルにいますよ。ということを伝えてくれるものです。

これは直接成績に関係しないらしいので、これを見てもっと頑張りなさいというものでしょう。

どうかとんでもない数字が載っていませんように。

紅葉

やたらと更新をサボっていました。
土日がちょっと忙しくて・・・(いいわけですw)

土曜日は、このたび日本語を教えること(これでいいのか?)になった人に会いに行き。
しかしすんなり会いにいけるものかと思えば、バスを2回も乗り過ごして1時間遅刻することに。
初対面で1時間の遅刻。おそらく印象は最悪だったに違いありません。

俺が悪かったんじゃない、バス時刻表を変えてなかったバス会社が・・・早く出ればこんなことにはなっていませんでした。結果俺が悪い。

まあ、その後適当にモールのなかを歩き回ったりして、そんな感じでした。
Ipodの中、日本の曲ばっかりでびっくりしたなw

そんでもって、今日は友達とともに自転車でアメジスト滝という所に行くことに。(ちなみに気温7度w)
久しぶりにカメラが活躍しました。

変換 ~ DSC00343


変換 ~ DSC00344


変換 ~ DSC00348


変換 ~ DSC00349


変換 ~ DSC00352


変換 ~ DSC00356


変換 ~ DSC00358


変換 ~ DSC00344


変換 ~ DSC00348


変換 ~ DSC00349


変換 ~ DSC00352

変換 ~ DSC00366


変換 ~ DSC00364


変換 ~ DSC00363


変換 ~ DSC00361


変換 ~ DSC00368

こんなに綺麗な場所が家から自転車でわずか15分の所にあったとは・・・

紅葉真っ盛りのときにきたらもっと綺麗だっただろうな~と思います。
もう既にほとんどの紅葉は終わっていましたし、昨日の雨のせいであんまり綺麗なものではありませんでした。
また冬になったら今度は、1眼レフのほうを持って写真を撮りにいきたいと思います。
今回は自転車の運転の邪魔になるだろうと思ってもっていってなかったので。
シャッター速度も変えられないカメラで滝を撮るのはなかなか辛いです。

なんていうか、カナダを感じさせられました。

募金

今日の英語のクラスの途中にガンの子供だか、障害の子供だか(はっきりと理解していませんでした)のための募金集めがありました。

1口1ドル(募金に対して1口って使うんでしょうかね?)
それで募金をしたらその証として、紙のリボンみたいなものをもらいます。

みんなが募金していました。
昨日今日と2日来たのですが、それだけで80枚リボンの紙が集まっていました(つまり80ドル)
クラスの人数は34人。
全員が募金して、さらに誰かはそれ以上にしていたということになります。

結構びっくりしました。確かにたった1ドルとはいえ、全員が2日募金しただけで80ドルにもなるんだよな。ということと全員が迷わずに募金したことです。
こっちの人たちは、募金を本当によくします。

よくスーパーのレジの隣にある募金箱に財布に入ってた小銭を全部放り込む人とかも良く見かけます。

こういうのは単純に凄いな。と思います。

面倒だ・・・

英語の授業で今、前に読んだシェークスピアのディレクターノートたるものを作っています。
何ですかそれ?というと、これは本の1シーンを選んでそれを映画なり舞台ように編集するもの。
ようするに、場所は何処で、役者は誰で、衣装はどんなんで、BGMはなにで・・・・・・
といった具合に全てを映画か舞台向けに編集しなきゃいけないというものです。

これが想像以上に難しく、めんどくさいです。
なぜかというと全てを1から作り上げなければいけないのです。
時代背景から、場所まで。
正直本の内容を理解するのに精一杯なのでこれはなかなか。
しかもたまたまパートナーを組んだ相手は、自分よりも英語レベルが低い留学生(失礼な言い方ですが)

自分には何かを構成する才能はないと悟りましたw

まず何より、その場面のイメージをはっきりさせるために具体的に役者がどのように動いたり、小道具が何処にあるかなどの絵を描かなければなりません。
とりあえずこの時点でアウトです。

なにせ私は、白菜画伯(小6のときに書いた自画像を先生に白菜みたいといわれたためw)
棒人間しかかけないと自信を持って言える俺に何をすれとw

まあ、後2日あるのですが正直完成するのかとても心配です。
(主に俺のせいで)

ホームシック

今までホームシックとやらにはなったことがなかったのですが、このたび初めてそれを体感することになりました。
日本にではなくて、前のホームステイ先に。

今日はThanksgiving day, (何の意味があるのかは実はよく分かっていませんが、宗教関係です。)
てなわけで、ほとんどの人は家族の元に戻ってちょっとしたパーティーな様なものを開きます。
今のホームステイ先のほうでは昨日、ホストマザーの妹の家に行ってパーティーを開きました。
そこの家にいた男の子に散々おもちゃにされて、よくよく考えたら飯もろくに食えていなかったわけですがw(流石に2時間も連続で格闘ごっこは無理。しかも力強いし、痛いし。)

そして今日は、以前にいたホームステイ先から招待されていってきたというわけです。
玄関に入ったらホストマザーに泣かれ、家に入ったと思えば、元ホームメイト(男)に抱きつかれ。
どんな反応をすれとw
急ににぎやかな空間に戻ってきて、なにやら懐かしい気分になりました。
家の人たちは今でも自分の事を家族の一員のように受け入れてくれ、なにやらホームシックな気分に。

まあ、その後は普通に夕食を食べたり話をしたりと別に変わったことがあったわけではありませんが、久しぶりに落ち着けた感じでした。
たった5ヶ月間とは言え、一番わけの分からなくて困っていたその期間を過ごした場所なのでなんとなく実家のような気分です。

今の家も悪くはないのですが、ホストマザーと二人だけだとどうにも寂しいのは事実です。
そんなわけで、なんとなくホームシックな気分になっていました。
この家族とはこの先もずっと連絡を取り合いたいな。と思います。

留学をする上で、ホームステイ先はやっぱり重要だと思います。
今の家も今だからこそいいものの、最初に着たばっかりのときだったら結構辛かったかもしれません。(必要なこと以外は干渉しない、基本的にほっとく。というような感じの家なので。)
個人的には、あんまりかかわってくれるよりは気が楽でいいのですが、はじめならそんな贅沢いえたもんじゃなかったので。
本当に自分の家族のように接してくれた、最初のホームステイ先には感謝しています。
こっちに来てから、ここまで一度もホームシックにかかっていないのはそのおかげもあったのかもしれません。
最初の5ヶ月間を楽しく過ごすことができたのは、本当にあの家族のおかげだったので、いろんな雑誌とかに書いてある、ホームステイ先は重要はあながち間違えでもありません。

これから留学する人は、ホームステイ先を結構重要視したほうがいいかもしれません。(自分はまったくしていなかったので。)

とうもろこし

今日はとうもろこしの迷路に行ってきました。
まあ、簡単に言えば巨大ひまわりの迷路のとうもろこし版のようなものです。

入場料10ドル。

言ったい何故にそこまで高い?
今度写真をのっけようかと思いますが、そんなにでかい訳でもない普通の迷路。
そしていとも簡単にゴールにたどり着いてしまい。

ああ、俺の10ドルは何処に行ったんだろうか・・・
とくに話すことがあるような面白い場所ではありませんでしたw

どうでもいいですが、なにやら日本語の先生になることになりそうです。

と、言うのも。ハリファックスで日本語を学びたい生徒を募集しているところがあって、それで教える人も同時に募集しているらしく。
たまたま高校生の男の子が日本語を学びたいといっているらしく、相手には日本語を教え、こっちは英語を教えてもらいでちょうどいいと思い連絡を取ってみました。
するとなにやらそのまま私が通過しそうなのです。

てなわけで、まだ英語も拙い状態で日本語を教えることになりそうです。

昼飯

こちらカナダでは昼飯だってフリーダムです。

基本的にはカフェテリア(こういえば聞こえはいいが所詮は学食w)でたべていますが、昼休みは何処へ行こうとかまわないのです。
グレード11以上になると結構の人が車を持っていたりするので、近くにある店に食べに行く事だって可能です。

で、今日は学校の近くにあるマクドナルドで昼食を取りました。歩いて10分ほどの所にあります。
ご想像の通り、このマックの混雑具合は凄いです。
今日は店舗の外まで列ができていました。100人以上はいたんじゃないか?w
そしてその列は全て高校生。ほかの客は入りたくても入れませんねw
マックのバイトがかわいそうなぐらいに忙しそうでした。
おそらくオーダーの入れ違えでしょうが、ビッグマック頼んだはずだったのにチーズバーガーがやってきました。(交換してもらおうと思ったら、作るの無理だからポテトもう1つで我慢してとのことでした。むしろそっちのほうがいいですw)
3人で行ったのですが、当然3人も座れる場所はなくマック店内で立ち食いをするはめに。

とまあ、こんな具合で昼飯時は結構な人数は外に出て行きます。
でも、学食もマックも高ぇ・・・orz

今日はシェークスピアのエッセイがありました。題は何故高校生はシェークスピアを読むべきなのか?というもの。
こういうのは日本語では得意というかむしろ好きな分類に入るのですが、何せ英語。
5段落だけでいいからとは言われたものの、それでもまだ難しいものは難しいのです。
語学学校にいたときに、こういうことは嫌になるほどやったのでできないわけではありませんでしたが。
どうやらそこそこの評価はいただけたみたいでホッとしています。

このエッセイ、何とパソコンの使用が認められまして字の汚い私は歓喜の涙を流しましたww
高校の授業にもパソコンの持込ってありなんだな~、と驚きました。

ワードについてる自動修正機能には大変お世話になっていますwこれのおかげでミススペルが無くなります。

規則

だんだんと日本の常識を忘れ始めた私です。

なんというか、まず学校で私服なのが当たり前、というのもよくよく考えてみると不思議なもん。
実際は制服のほうが良かったのですが。(ただ単に服選ぶのが面倒なだけです。学ラン最高!)

そして授業中。主要教科の数学、英語はまだしも。副教科の自由っぷりは凄い。
技術、体育と取っているわけですが、前にも話したとおり体育はレクリエーション。
そして技術。先生がかわいそうなぐらいに誰も話し聞いてねぇw
それでも先生も気にせず。こちらの基本的な考えは、やらないで困るのは自分だからです。
先生たちは、たとえ生徒が授業に集中してなかろうと気にはしません。
前にもいったとおり、うるさくしなければいいのです。

この授業スタイルだと、やる気のある人は何処までも伸びていき、ない人は何処までも堕落していけます。
要するに、やる気のない人を助けてくれる人はいないのです。
ただやる気のある人に対するサポートはすばらしいですが。

まあ、生徒指導の先生のようなわざわざやる気のない生徒に注意をしてくれる人はいない。
そういうことになっています。

日本の高校のことをまったく知らないので、とやかくはいえませんがこれが一番の違いじゃないでしょうか。
やりたい奴はやり、やりたくない奴はやらない。でもその後のことは知らないよ。
とにかく、選択の自由がたくさんあります。
常に規則に縛られている日本とはまた違った感じになります。

まあ、もちろん服装とかに関しては文化の違いも重要ですが。
何せこっちは、まだ喋られないような子供からピアスをしていたりするのですから。
髪だって地毛なんだかそうじゃないんだかの見分けもつきませんしw
もともと規則に縛られていても困るような格好をする人間ではないのであんまり関係ありませんがw

ルールがないわけじゃない。けどほとんどの部分はその個人の判断に任せる。といった所でしょうか。

そこらへんは日本とは180度違いますね。
日本の学校(社会)は協調性をなによりも求めます。だからホームルームを設けるスタイルをとるし、学校祭とか体育祭とかでクラスの出し物を行う。
部活とかもそうです。一回入ったら基本的に3年間、同じ部活で。
仲間意識とはまた違った、連帯感というか何と言うかそんなものを重要視する気がします。

それがまったくないです、こっちには。
個人は個人。学校の中でもそう。
だから行ったこともありませんが塾ってこんな感じなのかな~と思ったりします。
学校はあくまで学問を学ぶ所であって、道徳を学ぶ所ではないといった感じです。
だから個人の選択が重要なのでしょう。

別に生活していれば普通に学校に行っているのと変わらないものですが。
ただ意識して考えるといろいろ根本的に違います。

日常

流石にいくら留学しているからといえ、毎日のように何かがあるわけでもなく。
特に高校に入ってからは、場所が変わっただけで日本と特に変わらない生活を過ごしているような気がします。
学校行って、授業受けて、友達と話したりし、帰る。日常ですねw

さて10月になったわけで、もうこっちに来てから半年目になります。
早いもんです。・・・といいたい所ですが、感覚ではもう1年以上たったような気分です。
こっちにいることが既に当たり前になっていますね。感覚的に。
学校にいたらカナダにいることなんか忘れます。
そこで喋る言葉が英語で、やたらとフリーダムだということを除けば、やっぱり学校は学校です。
だた、たまに学校の廊下を一人で歩いていたりすると、急に俺なにしてんだろう?こんな所で。と思うことがあります。
そうやって、1人になったりすると急に外国にいる気分になります。(実際にいますがw)

最近ようやく日常が戻ってきて、思うのは俺はいったい何しにカナダに来たんだったっけか?てことです。
そういやたいした目的もなかったよな、と。たまたま好条件が重なったから来ただけだよな。と。
実際、高校生活は楽しいです。もちろん英語の勉強にもなります。
ただ、ここにいる目的がはっきりしてねぇな。ということです。
まあ、あと3年間はここにいるわけですが、何か目標がないとただ日常を過ごしていきそうで怖いです。
楽しかったけどそれだけ。英語は喋れるようになったけど、それだけ。
そこから進めないような気がします。
だからといって答えは出ていませんが。

まあとりあえずは高校生らしく楽しんで生活しましょうか!
プロフィール

john

Author:john
PCを作ったりいじったりするのが趣味。そんな人の戯言
カナダ・ハリファックスに留学してたりします。

ハリファックスについての情報や学校についてなど何か
あればコメント欄までどうぞ。
そのときは真面目に記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。