FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畜生・・・

結局写真たちはお陀仏しました。
それどころがSDカードそのものがお亡くなりされました。

新しいカード買わないとな・・・高いんだよな~
まあ、気を取り直して。

日本では、ハロウィンといっても特になにをすることも無いですし、そもそもハロウィンの存在すらも怪しいぐらいです。(ハロウィンがいつかなんて知りませんでした)
ハロウィンがいったい何のためのイベントなのかは未だによく分かっていませんが、こっちでここまで盛大にやるということはおそらくキリスト教にかかわる何かなのでしょう。

トリック・オア・トリート、と人様の家の玄関の前で奇妙な格好をしながら叫び、お菓子を強奪していく。簡単に言えばこんなイベントですねw
これも小さな子供がやるのであればまだ可愛いものの、こっちでは高校生ぐらいまでなら平気でやります。

というわけで、当然のごとく私もやりましたw
海賊の姿をし怪しいアジア人の完成です。

ものすごい人が道路の上にあふれていました。というよりこの付近に住んでいる子供たちは全員出てきているんだろうな、と思うくらいにです。
皆家の装飾とかにも結構凝っていて、いろんな家の前に墓だとかゾンビだとかが存在していました。

友達と一緒に行ったわけですが、その人は見た目がとにかく幼い。
こいつなら小学校に混ざっててもおかしくないだろうと、誰もが思うほどに幼い。
それに比べて俺、誰が見ても15歳だとは思わないぐらいに老けてる。しかも服装の事もあってなおさら。

~会話の一例~
俺:「トリック・オア・トリート」
おじさん:「・・・・・・(え?なにこいつがお菓子もらうの?)ハ・・・ハーイ!」
なんともいえない表情をしてお菓子をくれる。
おじさん:「正直に。年いくつ?」
俺:「15です」
おじさん:「嘘付け!そんなにお菓子がほしいか?」
俺:「いやいやいや、本当ですから」
おじさん:「来年からはもうやめとけよ?」
俺:「・・・はい(信じようとはしないのかよ!といいたかったけど英語でなんていうのか分からないので諦めたw)」

と、こんな会話を3,4回ぐらいしました。
でも逆に言えばそれ以外の家は、何も言わずにお菓子をくれましたね。
ちなみに3時間歩き回り、20件以上の家に押し入りましたw

何とか生きていた貴重な写真たち
DSC00398.jpg

誰かの家の前です。こんな感じで全部の家が、デコレーションされています。

DSC00402.jpg

これが恥ずかしさに耐えながら、3時間歩き回った成果ですw
とりあえずこの先半年ぐらいはお菓子を買う必要がなさそうです。

来年からもやるかどうかは非常に微妙ですが、とても楽しいものではありました。
スポンサーサイト

COMMENTS

来年もぜひコスプレを☆
( ^ω^ )楽しそ~*

日本もそれくらい
やればいーのにっ!

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

john

Author:john
PCを作ったりいじったりするのが趣味。そんな人の戯言
カナダ・ハリファックスに留学してたりします。

ハリファックスについての情報や学校についてなど何か
あればコメント欄までどうぞ。
そのときは真面目に記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。